ペット保険で安心生活

可愛いペットが病気になってしまったらどうしよう、高額な治療費がかかってしまうのだろうか、などの心配をしないためにあるペット保険の、特徴や長所について紹介します。

ペット保険とは、主に、ペットが病気やけがをしてしまった際にかかる高額な治療費を補填してくれるというものです。最近ペットが元気がないが、治療費が高くて負担になるからもう少し様子を見てからにしよう・・・と思っていたらペットの容体が急に悪化してしまった、ということにならないよう、安心してすぐに治療を受けられるようにペットと飼い主のために作られた保険です。

特に最近ではペット火葬やペット葬儀を行う人が増えているため、ペット保険にはオプションで、ペットが死亡したときの火葬費用や葬儀費用を補償してくれる特約をつけることができるます。そのため、将来大事なペットが死亡してしまったときも、高額な葬儀費用や火葬費用も保険に入っていれば安心してしっかりと火葬や葬儀を行うことができます。

保険会社によって、保険に加入できるペットや対象年齢が違います。犬や猫は基本ですが、うさぎや鳥も加入できる保険や、爬虫類も加入できる保険などもあれば、対象年齢が10歳未満であったり8歳未満であったりと、様々な種類の保険会社があります。ペットの高齢化が進む中で、治療費などで経済的に悩まないために、色々な保険会社を調べ、内容や口コミなどもしっかり調べたうえで自分のペットや自分のライフスタイルに最も合った保険を選びましょう。

ペット保険の概要

ペット保険とは、飼っているペットが病気や怪我をした際に、動物病院でかかった治療費、手術代、医療費の一部を保険会社に補填してもらうサービスのことです。

人に対する保険と同じように様々な付属のサービスがあり、ペットが死亡した際のペット葬儀費用の一部やペット火葬費用の一部が給付されるものなどがあります。

欧米に比べて日本は、ペット保険に加入しているペットが少ないと言われているが、近年では様々な企業がサービスを提供しています。

ペット保険の種類
いまやペットも高齢化が進んでいますが、治療が自由診療となる為、多くの飼い主がペット保険に加入する事が一般化しています。

選択肢としては、治療にかかった金額のうち契約した一定率を補償してもらえる定率補償と、上限はあるものの全額を補償してもらえる実額補償という二種類のタイプがあります。会社によって補償制限や補償割引等も様々なので比較検討が必要となります。その他、ペット葬儀やペット火葬の費用も補償できるオプションが付けられる保険会社もあります。

ペット保険の必要性
ペットは病気や怪我した場合に訴える事ができず、自分の意思で病院へ行くこともできませんから、飼い主がしっかりと見て病院に連れて行く必要があります。

その時ペット保険に入っていないと、病気を治すのにお金がかかったり、手術をするのにお金がかかるため、治してあげることができない場合もあります。しかし、飼い主の責任として、ペットの病気を治すのは当然です。ペット保険に入る必要性と言うのは、お金がなくても、ペットの病気や怪我を治してあげる責任を果たすためでもあるのです。